『お月見の花』

『お月見の花』風情ある矢作すすき含めた秋の七種の花で、まぜざしをしました。草月流のまぜざしは足元の短い花からいけていき最後にすすきを入れます。

本来の秋の七草は
萩、すすき、桔梗、撫子、葛、藤袴、おみなえし…

すすきの鋭い切り口が魔除けになるといわれ邪気を祓う力があると言われています。

毎年この時期には秋の七種の花でまぜざしの稽古をします。
もう一作品は「風いけ」をイメージして…
姫みずきのような折れにくい枝に切り込みを入れながら枝をためして風に吹かれているような表現をします。

難易度は高いですがやり甲斐のある稽古です。

〜草月流いけばなクラス〜

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください