SAKANASHIフローラルマスタースクールジャパン

フローラルマスターコース

講座概要

「花」を生涯の仕事にしたい。
しかし、花の仕事を「生涯続けて」行くための
ノウハウは、実は今まで学べませんでした。

フラワービジネスの現場で、あらゆるニーズ・問題に応えられる知識と技術。
次世代をリードするフラワービジネスのプロ、それが"フローラルマスター"です。

今後ますます様々な分野でフローラルマスターのスキルが求められる!

そこにある花を見た目きれいに生ける、アレンジして飾る。もちろんそれがフラワーデザイナーの大切な仕事です。 しかし、本来はそれだけではプロとは言えません。たとえ一つの花束を組むだけでも、そこには多くの人の手と準備が必要です。 そのニーズも、パーティ用に花を3時間保たせるのか、それとも店舗のディスプレイとして1週間保たせるのかだけでスキルが違います。そのニーズにすぐ応えるには、生けるセンスだけではなく、技術はもちろん、

植生学や理論、様式、色彩、コスト管理、ニーズを読み取るマーケティング理論まで、それらをすべて知ってこそ本物のクリエイションが可能になるのです。世界の距離が近くなった現在、ニーズやトレンドも高度化・複雑化し、時代の流れも加速するばかりです。 より敏感に市場を把握し、豊富な知識と経験に裏付けされた適切な問題解決力を持ったフラワー業界の「匠」が求められています。 それらを習得することが、生涯「花」で生きて行くための、唯一の方法なのです。

日本と世界におけるフラワーデザインの歴史から現在への変遷に目を向け、文化史・様式学・構成理論を徹底的に学び、基礎を確立します。そして、花に必要とされる様々な分野にも展開し、充実したカリキュラムで、更なる応用力を身につけます。どんな場面でも対応できる、

実践力あるフラワーデザイナーの養成を目指します。フラワーデザイナーとして、また広い視点でフラワービジネスを展開していくために、すべての技術と知識を持った"ゆるぎない真のプロフェッショナル"そう認められた者だけに与えられるのが「フローラルマスター」なのです。

 

花の世界は、意外にも体力勝負。
若いときは乗り切れても、年齢を迎えた時、否応なく方向転換を迫られます。
その時、あなたのスキルで本当に花のプロとして通用するのかどうか?
花の世界で生きて行くには「スキルの高さ」がものを言うのです。

コースの概要

フローラルマスター3
フローラルマスター3級 こんな方に・・・
・初めて花に触れる方
・花の世界を覗いてみたい方
・基礎をマスターしてみたい
→ 到達レベル
◎暮らしに役立つ「花あしらい」ができる
◎「お花」を身につけられる
ベーシックスタイルのアレンジメントから、ブーケ、ブリザーブドの技術を習得します。花の基礎の基礎から学べますから、女性のたしなみとして、自慢できるレベルの「お花」を身につけられます。

フローラルマスター2
フローラルマスター2級 こんな方に・・・
・基礎を習得できた方
・花の仕事に就きたい方
・FM3取得者または同等のレベル
→ 到達レベル
◎TPOに応じて花を選べる
◎ガーデンコーディネートができる
◎花に関わる分野の仕事に応用できる
日本の伝統文化や生け花の知識、また切り花だけでなく苗物・鉢物の園芸関連知識、コーディネートに欠かせないキャンドルアート、エコの時代に対応するアーティフィシャルな花の技法、センスよく作り上げる色彩理論など、トータルに花を扱える知識を広げます。難度の高いデザインにも挑戦します。

 

フローラルマスター1
フローラルマスター1級 こんな方に・・・
・レッスンプロ
・フラワーデザイナー
→ 到達レベル
◎フラワービジネスの起業と展開
◎圧倒的レベルのレッスンプロ
◎すべての花分野での就業
すでに花が身体にしみ込んできた方へのカリキュラムです。花の構成理論をはじめ、経営者に欠かせないコスト管理やマーケティング戦略、ハイレベルな様式史、花を見る目を養うデッサン技術、生徒の指導に役立つ心理学など、あらゆる場面・要求に対応できる花の知識を習得します。

 

認定校登録希望者 本部校講師希望者
JFM認定校登録認定試験 SFM認定校
登録認定

  [論文] [審査]
JFMグランドマスター登録認定試験 SFMグランドマスター
登録認定

  [論文] [審査]
<資格>
SFM1取得者で、レッスンプロの実務経験1年以上
<GFM1資格>
NFD講師資格・国家検定1級のいずれかを有している者
<GFM2資格>
NFD講師資格・国家検定1級のいずれをも有している者

SFM登録認定校登録主宰者、およびSFMグランドマスター登録者は、認定から2年後より年間登録費として、
¥10,800(税込み)が必要となります。また、技術維持のため月1回のプロフェッショナルコース講座受講が必須となります。

SFMフローラルマスターコース | 受講料一覧

SAKANASHIフローラルマスタースクールジャパン 入校金 10,500円(税込)

SFMフローラルマスター3 SFMフローラルマスター2 SFMフローラルマスター1
FM3 認定の証明として、FM3認定マークを、名刺・看板等に記載できます
□フレッシュレギュラー 24単位
(学科を含むフラワーデザインの基礎)
□ブリザーブドフラワーの基本 12単位
※教材費・花材費すべて込み
※認定証代込み
※受講有効期間:14ヶ月
FM2 認定の証明として、FM2認定マークを、名刺・看板等に記載できます
□フレッシュレギュラー 12単位
(学科を含むフラワーデザインの基礎)
□色彩講座 6単位
□和の花 6単位
(日本の文化と生け花概論)
□WAX CANDLE ART 2単位
□アーティフィシャル 10単位
(布、ペーパー、クレイ)
□園芸の基礎知識 6単位
※教材費・花材費すべて込み
※認定証代込み
※受講有効期間:16ヶ月
FM1 認定の証明として、FM1認定マークを、名刺・看板等に記載できます
□フレッシュプロフェッショナル 24単位
□美術史と見る様式史 6単位
□マーケティング戦略 6単位
□ボタニカルアート 6単位
□心理とアロマ 6単位
□フューネラル 4単位
□祈りの花 2単位
※教材費・花材費は実費
※約1,500~6,000円
(花材仕入れとコスト管理も
 実習に含まれます)
※認定証代込み
※受講有効期間:20ヶ月
計36単位...¥340,200(税込) 計36単位...¥392,000(税込) 計54単位...¥352,800(税込)

※本検定はコース料金設定です。よってレギュラーおよびプロフェッショナルのカリキュラムにおいて、月単位でお休みされた場合、 花材券による返金はできかねます。あらかじめご了承下さい。本コースは余裕のある有効期間を設けておりますので、期間内に取得してください。

SFM認定校登録認定 SFMグランドマスター(本部校講師)登録認定
認定校の証明として、FMA認定マークを、名刺・看板等に記載できます
  □論文 □審査(面接)
<受験資格>
SFM1取得者で、レッスンプロの実務経験1年以上
認定の証明として、GFM認定マークを、名刺・看板等に記載できます
  □論文 □審査(面接)
<SFM1資格>
NFD講師資格・国家検定1級のいずれかを有している者
<SFM2資格>
NFD講師資格・国家検定1級のいずれをも有している者
認定料...¥21,000(税込)
登録料...¥52,500(税込)
認定料...¥21,000(税込)
登録料...¥31,500(税込)
SFM登録認定校登録主宰者、およびSFMグランドマスター登録者は、認定から2年後より年間登録費として、¥10,800(税込)が必要となります。 また、技術維持のため月1回のプロフェッショナルコース講座受講が必須となります。

 

SFMフローラルマスターコースの中のフレッシュレギュラー・フレッシュプロフェッショナルの単位は、NFD受験の選択単位にも対応可。詳しくはスクールまでお問い合わせ下さい。

詳しくは、SAKANASHIフローラルマスタースクールジャパンまでお問い合わせ下さい。
TEL:052-241-8739
担当者携帯:090-8151-1627

イメージ写真

pagetop
ホームコース紹介 > フローラルマスターコース